• Home
  • Coding Networks Blog

Coding Networks Blog

Introduction

InstagramやTwitterで私をフォローすると、私が最近Cisco DevNet認定のために勉強して練習していることに気づいたかもしれません。

この調査プロセスの間に私はCisco UCS Managerのような自動化プラットフォームを知っていました。 Pcにインストールできるエミュレータを持っています。 このエミュレータは、UCS Managerからファブリック相互接続スイッチおよびサーバまで、完全なUCS環境をエミュレートする仮想アプライアンスです。 これにより、物理的なハードウェアを必要とせずに、UCS Managerの機能をテストし、Apiを使用して練習することができます。このチュートリアルでは、VMWare Workstation15for Windows10にCisco UCS Platform For Emulatorをダウンロードしてインストールする方法を見てみましょう。

また、ご希望の場合は、私がYouTubeにアップロードしたこのビデオでプロセスを見ることができます:

ステップ#1-ダウンロード.Cisco Ucs Platform EmulatorのCiscoコミュニティフォーラムにあるCisco UCS Platform Emulator

リンクのOVAイメージ:

https://community.cisco.com/t5/unified-computing-system/ucs-platform-emulator-downloads-ucspe-4-1-2cpe1-ucspe-4-0-4epe1/ta-p/3648177

リンクをクリックすると、Eric Williamsの出版物にアクセスし、エミュレータをダウンロードするための情報とリンクを共有します。 イメージ#1で見ることができるようにエミュレータのための公式のダウンロードリンクは「UCSPE4.1(2c)ダウンロード」と呼ばれるリンクにあります。

ucsエミュレータダウンロードページ
Imágen#1. Cisco Community Forum Post

画像#2では、すでに公式のソフトウェアダウンロードページに表示されています。 エミュレータはOVA形式です。 これは事前に構成された仮想マシン内に展開されているため、VMWare Workstationにロードします。 アプライアンスの重さは約2.3GBなので、インターネット接続の速度に応じてダウンロードに時間がかかります。

イマーゲン2世。 Ciscoソフトウェアダウンロード

ステップ#2-インポートします。VMWare WorksへのOVAイメージ15

をダウンロードしたら。OVAでは、ダブルクリックするだけで、イメージ#3に示すように、仮想マシンのVM Workstationへのインポートが開始されます。 このインポート処理には1分もかかりません。

イマーゲン#3. VMWare Workstation Import

このプロセスが完了したら、仮想マシンがもたらすネットワーク接続の種類を変更します。 私たちは、仮想マシンとホストの間のプライベートネットワークを構成するホストのみのタイプを選択しようとしています,この場合にはマイコン イメージ#4では、この仮想アダプタが特定のサブネットに対してホストのみとして構成されているため、カスタムでVmnet1を選択しています。 ただし、Host-Onlyまたは構成した他のVMNetというオプションを直接選択できます。

このプロセスは、3つの仮想ネットワークインターフェイスに対して繰り返されます。

イマーゲン#4。 Network Adaptater type:Host Only

Step#4–VMを起動して基本設定を行います

仮想マシンを起動しましょう。

イメージ#5では、アプライアンスブートプロセスがどのように開始され、エミュレーターの自己インストールと構成プロセスが開始されるかを確認します。 このプロセスの間、私たちは何もしません、ただ待ってください。 このプロセスには約10分以上かかることがありますので、我慢してください。

イマーゲン#5. ブートアッププロセス

システムが稼働していることを知るための信号は、イメージ#6に表示されるログインを取得したときです。

バナーのプラットフォームには、コンソールにアクセスするためのユーザー名(“ucspe”)とパスワード(“ucspe”)が表示されます。 このようにwebを通してGUIに入ることを進むためにアプライアンスがアップロードされた仮想IPであるかどれが確認できます。 私の場合、192.168.227.129は自動設定されていました。 しかし、あなたの場合、それは異なるかもしれません。

イマーゲン#6. ステップ#5-Web GUIにアクセスして下さいブラウザを開き、HTTPSによってUCS Manager GUIにアクセスするために私達が見た仮想IPを入力することを進みます。 イメージ#7で見ることができるように私達は進水UCS Managerをかちりと鳴らします。

イマジン#7. Web GUI

コンソールに表示された「ucspe」資格情報を入力します。

イマジン#8. Web GUIログイン

ステップ#6–すべてのデバイスがトポロジ内で正しく起動したことを検証します。ここにUCS Manager GUIの内部があります。 最後に、プロセスを終了するには、すべての要素がロードされていることを確認するために、エミュレータに付属のトポロジに移動しましょう。 あなたが画像#9で見ることができるように、あなたは同等のインフラストラクチャを取得する必要があります。

イマジン#9. Web GUIログイン

結論

あなたが見たように、このプロセスは短くて速いです。 このエミュレータは、Cisco UCS Manager for DevNet試験について必要なすべてを学ぶことができるため、インストールする価値があります。 最も重要なことは、Apiを呼び出し、プログラミングと自動化を実践できることです。別の投稿とビデオでは、CURL、Postman、およびPythonを使用してCisco UCS Platform Emulator Apiを呼び出す方法を示します。